さっくり進める 零~刺青の聲~ 十二ノ刻 「戒ノ儀」:14

行ってしまった深紅。「まだ手はあるかもしれない」天倉螢の案は巫女を刺青木で穿ち眠らせるというものであった。螢は自分の仮説を信じ刺青の巫女が眠る場所に到達するが…

次回いよいよ最終回です!ともに刺青の聲を聞きましょう!

◆チャンネル登録→ http://goo.gl/bbSz68
チャンネル登録&コメントして頂けると本人の励みになります
▼Twitter→ https://twitter.com/gatchman666

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする